木のはなし
Information
ホーム > 木のはなし

木のはなし

人の温もり//木の温もり

西川材
産地
西川材の産地は、埼玉県の西部に位置する飯能市・日高市・毛呂山町・越生町にまたがった地域で、江戸時代から荒川の支流である入間川・高麗川・越辺川を経由して運ばれていました。江戸の西の方から流れてくる木材ということで西川材と呼ばれるようになりました。
弊社から数百メートルのところに越辺川が流れており、江戸の中期頃からは越辺川の筏流しとして現在の鳩山町今宿の今川橋辺りの河川敷には筏の係留地があり、そこが筏を組み直す一大集積場として栄えていたそうです。
弊社・有限会社 共和木材でも毛呂山町、越生町、鳩山町に自社林を所有し、育林しながらこの木材を新築注文住宅やリフォームに取り入れています。

西川材 有限会社 共和木材 所有林

有限会社 共和木材 所有林


なぜ良材ができるのか
地域の大部分は、秩父古生層からなる褐色森林土で、平均気温12~14度、平均降水量1700~2000ミリ、降雪は年に3~4回と比較的温暖であり、地質・気候ともに杉・檜に適した環境です。
強度も高い優良材
杉のヤング係数は、全国平均 E70のところ、西川材は、E80~90と強度の高さの点でも優位性が証明済みです。
地産地消
地産地消
木材は植林し長い年月(50年、60年)を経てやっと伐木できます。森林の循環サイクルが壊れると国内の森林は放置され、荒廃し、土砂災害を防ぐ力も弱くなってしまいます。地球温暖化防止の観点からは、成長期の森林による二酸化炭素の吸収による削減効果が非常に高いものとされています。輸送コストの面からも国産材を使うことで格段に二酸化炭素を抑制できます。「木材の地産地消」は地元の森林を守り、下流域の安全な生活を守るためにも必要なことです。
そのためにもその土地に住む私たちが、伐採と植林のバランスのとれた循環を整え、積極的にその土地の木を有効に利用していくことが必要です。親から子、そして子から孫へと、この価値のある貴重な環境を残すことが大切な我々の使命なのです。
天然乾燥材の特徴
天然乾燥材の特徴
天然乾燥材は木材本来の香りがあり、強度としては粘りがあり、曲げに強いという利点を持っています。乾燥していく過程で人工乾燥などのように化石燃料を使う必要はありません。そのため環境には優しいです。ただ人工乾燥に比べるとどうしても時間がかかるのは事実です。少なくても1年以上、材種によってはそれ以上の期間が必要です。



有限会社 共和木材 天然乾燥 鳩山工場内

自社倉庫で天然乾燥

木の特性
ヒノキ材
ヒノキは国産材を代表する木材で国産材針葉樹の最高級材に位置付けられています。木目は通直で乾燥性が良いので狂いが少ないのも特徴です。表面の仕上げはきわめて良好で光沢があります。
独特の香りはアロマテラピーの世界でも注目され、ストレスを軽減して自律神経を安定させる効果があるといわれています。
湿気にも強いため浴室や外壁などにも用いられます。
経年変化によって材の表面は飴色に変わっていき、落ち着いた色合いになっていきます。
当社で原木から製材・加工し、主に構造材、内装材に使用しています。使用しているヒノキの主な産地は、西川材といわれる埼玉西部地域を中心に埼玉県産材が主です。

西川材 檜
スギ材
スギは日本で最も多く植林されている木です。本州から九州にわたり日本各地に分布しています。ですから日本人には最もなじみのある木材のひとつです。「直木」(すぎ)が名前の由来だとされるように、まっすぐな幹と材質に特徴があります。
木目はよく通り特有の木の香りがあります。乾燥が速く柔らかいので加工が容易です。
当社では原木から製材・加工し、主に柱や内装材などに使用しています。

西川材 スギ
ベイヒバ材
日本の青森ヒバに似ているところから「ベイヒバ」と呼ばれています。
非常に強い抗菌作用があり、防カビ・防ダニ効果も抜群で、シロアリを寄せ付けず、ダニの繁殖も抑えられます。ヒノキチオールに似た物質を含んでおり、独特の香りを持っています。
表情は細やかなで柾目が上品な印象を与えます。
耐久性、耐水性に優れた心材は水まわりの用途にも適しています。
当社では様々な大きさの材をストックしており、主に窓枠材、内装材として使用しています。

ベイヒバ
埼玉県比企郡鳩山町 共和木材 注文住宅 リフォーム
CONTENTS

ページ上部へ